包み隠さず精神科

現役精神科医が精神医療の内情を、包み隠さず話します

一般向け

症状を無視しないで

例えばくも膜下出血という病気がある。ご存知の方もいるだろう。頭の中のくも膜下腔という場所へ出血が起こり、激しい頭痛を引き起こす。非常に緊急度の高い、命に関わる病気だ。 この時、なぜ頭痛が起こるのだろうか。実は人間の膜は痛みを強く感じるように…

病院へ連れていけない認知症をどうするか

認知症で最もメジャーなものはアルツハイマー型認知症だろう。典型的には70歳ごろからゆっくりと物忘れが進行していき、性格変化が加わることもある。次第にものの認識も難しくなっていき、トイレへ自分で行けなかったり、食べ物を食べ物と認識できなくなっ…

過呼吸はどうすればいいか

過呼吸とはなんだろうか。Wikipediaで調べるとこう書いてある 過呼吸(かこきゅう、英: Hyperpnea)とは、必要以上の換気活動をおこなうこと。 その結果として動脈血中の酸素分圧が上昇、炭酸ガス分圧が低下し1回換気量が増大する。 初期状態は低酸素症と似…

医学部に受かる勉強法

・モチベーションにコストをかけろ 私は市営住宅生まれの市営住宅育ちで、お世辞にもお金を持っているとは言い難い家で生まれ育った。お金が無いので大学では奨学金をMAX10万円で6年間借りていて、それでも足りず授業料も何度か滞納したこともあるぐらい…

10代の「死にたい」をどうするか

通院中の10代患者の母親から、こんな電話がかかってくる。 「娘が遺書を書いていて、もう死ぬと電話をしてきたんです。一体どうしたらいいですか」 また別の若い患者は、診察室でこう言う。 「最近死にたいしか考えられないんです。どうやって死のうかばかり…

医者は診察と診察の間に何してるの?

私がまだ子供だった頃。当時よく熱を出していた私は、度々かかりつけの内科クリニックを受診することがあった。 年配の方がずらっと並ぶ中、子供の自分が椅子を一つ占領するということに、なんだか少し小気味好い感覚すら覚えるほどだった。私がかかっていた…

不登校への対応

結論から言うと、行きたくないところへは行かなくていい。なぜその結論に行きつくのかは、以下を読んでもらいたい。 不登校への対応は、年齢によって変わってくる。何が違うかというと、小中は義務教育であるという点だ。そもそも義務教育とはなんだろうか。…

体調不良を訴えて病院受診を繰り返す人

体がしんどい、耐えられない、苦しい、痛い 色々な訴えで、人は病院を受診する。病気が見つかればそれを治療していくのだが、幸か不幸か、原因が見つからない人もいる。そうなるとそのしんどさや苦しさは、改善する方法がない。中には大きな病院で精査して原…

うつの時どう過ごすか

「どうしていたらいいですか」 診察室でこんな風にきいてくる人がいる。うつ病になると頭が回らなくなり、自分に自信が持てず、なにをやっていてもダメな気がする。どれも上手くいかなくて、そんな状況も苦しくて、過ごし方が分からない。今のままでいいのか…

リストカットをする理由

家族や友人、大切な人が、もしもリストカットをしていたらどうするだろうか。 止める?叱る?刃物を取り上げて?それから柱にでも括り付けておく? これは一般的なリストカットの話で、例えば統合失調症の人が妄想に操られて行う自傷などは対象としていない…

抗うつ薬の分類、個人的使用感

抗うつ薬について 大まかな分類 新しいもの SSRI SNRI NaSSA 古いもの 三環系 四環系 その他 SSRI 選択的セロトニン再取り込み阻害薬。 脳細胞同士がセロトニンというホルモンを使って情報を伝達します。「うつ病はセロトニンが減った結果、伝達が上手くいか…