包み隠さず精神科

現役精神科医が精神医療の内情を、包み隠さず話します

研修医向け

精神科薬の簡単な分類、覚え方

研修医のとき、どの科も薬の多さに驚いたものだ。とりわけ精神科は種類が多く感じて、混乱したものだ。そうでなくとも数が多いのに、その上さらに商品名やら一般名やらが混在し、結局覚えきれないまま後期研修医となって。突然外来に放り出され、いまいち名…

過呼吸はどうすればいいか

過呼吸とはなんだろうか。Wikipediaで調べるとこう書いてある 過呼吸(かこきゅう、英: Hyperpnea)とは、必要以上の換気活動をおこなうこと。 その結果として動脈血中の酸素分圧が上昇、炭酸ガス分圧が低下し1回換気量が増大する。 初期状態は低酸素症と似…

抗うつ薬の大雑把な使い分け

抗うつ薬のは数あれど、劇的な薬剤は昨今まだ出てきていない。 個人的にはエスケタミンが待ち遠しい。 さて、現在日本で販売されている抗うつ薬の大雑把な使い分けを記載しておく。そもそも現存する抗うつ薬は、効果の面でほとんど差異がない。臨床試験でも…

家族内の精神バランス

家庭内の誰かが不調となったとき、周りの家族はその人の役割をフォローして、家庭機能を維持していく。父親がうつになれば、母親がパートを増やして頑張ってみたり。母親が不調になれば、子供たちが家事の手伝いを増やしたりといった具合だ。これは健全な家…

抗うつ薬の分類、個人的使用感

抗うつ薬について 大まかな分類 新しいもの SSRI SNRI NaSSA 古いもの 三環系 四環系 その他 SSRI 選択的セロトニン再取り込み阻害薬。 脳細胞同士がセロトニンというホルモンを使って情報を伝達します。「うつ病はセロトニンが減った結果、伝達が上手くいか…