包み隠さず精神科

現役精神科医が精神医療の内情を、包み隠さず話します

抗うつ薬の分類、個人的使用感

抗うつ薬について

 

大まかな分類 

 新しいもの

   SSRI SNRI NaSSA

 古いもの

   三環系 四環系 その他

 

 

SSRI

選択的セロトニン再取り込み阻害薬

脳細胞同士がセロトニンというホルモンを使って情報を伝達します。「うつ病セロトニンが減った結果、伝達が上手くいかず不調になっている」という仮説に基づいた治療薬。細胞の間に放出されたセロトニンが元の細胞へ帰ってこず、ちゃんと次の細胞へたどり着けるよう帰り口を閉じる薬です。

副作用はどれも頭痛、ムカムカが出やすい。

現在日本ではパキシルジェイゾロフトデプロメール、レクサプロが市販。このうちパキシルは最古参であり、副作用がやや強め。不安障害やパニック障害などに適応が通っている薬が多く、不安系に使いやすい。レクサプロが抗うつ薬で唯一、1錠(10㎎)から有効治療域に入るため、導入が早く簡便。ほかのすべての抗うつ薬は増量が必要。

 

SNRI

SSRIに加えてノルアドレナリンの濃度も上げる薬。

日本ではサインバルタイフェクサートレドミンが市販。トレドミンは理由は不明ですがあまり使用例が多くない気がします。私もほとんど使いません。

イフェクサーが新しく発売されたものですが、そんなにサインバルタとの違いは感じません。ノルアドレナリンの影響で意欲の面により効果がある、と製薬会社は言いますが、特に違いは感じません。気のせいです。副作用はSSRIと同様頭痛、ムカムカが多い気がします。

 

NaSSA

ノルアドレナリンセロトニンの放出量を増やす治療薬。

比較試験では唯一ほんのちょっとだけ、ほかの種類よりも有効性が示されていますが、僅かなので違いはないと言っていいでしょう。

副作用は上述2つとは違って食欲増加、眠気。この分が比較試験で有効性のアップに影響したのではないかと個人的には思っています。

かなり眠気が強いので、人によっては次の日も眠たくなります。一方、頑固な不眠にはとても使いやすいです。うつ病は食欲、睡眠ともに減退することが多いので、その2つの症状が目立つ人に処方します。

 

 

古いもの

新しいものと違って、セロトニンノルアドレナリンのみならずいろいろなホルモンを調整。中でも抗コリン作用がクセモノで、口の渇き、便秘、排尿障害など不快感の強い副作用がとても出やすいです。そのため近年使用頻度は減少傾向。

アナフラニールという薬は珍しく点滴があるため、現在でも使用される事があります。

レスリンという薬は、分類上抗うつ薬ですが日本での使用量では抗うつ作用はほとんどでず、副作用で眠気が強い。そのため眠剤として使用されます。

ドグマチールという薬は変わった薬で、少量だと胃薬、中等量だと抗うつ薬、高用量だと抗精神病薬として作用。プロラクチンに対する副作用が目立ち、とにかく乳汁分泌しがち。胃薬の性質もあるため食欲減退に使いやすく、あえて胃薬の量で少しだけ隠し味に使ったりする先生も。