包み隠さず精神科

現役精神科医が精神医療の内情を、包み隠さず話します

抗うつ薬の大雑把な使い分け

抗うつ薬のは数あれど、劇的な薬剤は昨今まだ出てきていない。

個人的にはエスケタミンが待ち遠しい。

 

さて、現在日本で販売されている抗うつ薬の大雑把な使い分けを記載しておく。そもそも現存する抗うつ薬は、効果の面でほとんど差異がない臨床試験でもミルタザピンがほんの少しだけ効果が高いかも、という程度だったと記憶している。そのため言うほど大きな使い分けがあるわけではない。完全に主観的な話だ。

 

まず大きく分けで、SSRISNRI、NaSSA、その他

という分類になる

 

SSRI 

基本的にSSRIは不安の側面が強い時に頭に浮かぶことが多い。ただ、たとえばSNRIの営業担当に問い合わせれば「SNRIも遜色なく不安にききます」と返ってくることだろう。実際、SNRIでも不安に効く。そのため、実際はそこまで特化しているわけではないのだが、SSRIのほうが適応が通っていたりするので選びやすい。

パロキセチンパキシル

古い。古いがゆえか副作用が他より強めな印象。
なんとなく効きはいい気がするので、多少副作用強めでもしっかり効かせたいときに。

フルボキサミンルボックス/デプロメール

強迫性障害でよく使う。その流れで、なんとなく不安が強迫っぽいときに。

セルトラリンジェイゾロフト

イメージはthe・SSRI。スタンダードに抗うつ薬を使いたいときに。

エスシタロプラム(レクサプロ)

1錠から治療域に入るので使いやすい。ほかの薬剤は漸増が必要なので時間と手間がかかる。1錠使って必要なら2錠にするだけなので簡便であり、自分的にはSSRIのファーストチョイス。

 

SNRI 

ノルアドレナリンの部分が意欲に良いですよ、なんて宣伝をよく耳にする。まあ意欲にいいような、変わらないような。結局うつが治れば意欲も改善することが多いのでなんとも。ある程度治った後、それでも意欲がもう一歩足りないときはSNRIに切り替えることもある。改善するような、しないような、それぐらいの違いしかない。

デュロキセチン(サインバルタ

身体表現性障害でよく使う。その流れで、痛みや痺れなどを含む身体愁訴が多い時に使う。普通のうつにももちろん使える。

ミルナシプラントレドミン

なぜか使ったことが無いので良く分からない。多分もう使うことは無いのだろう。ほかのドクターが使ってるのもほとんど見ない気がする。

ベンラファキシン(イフェクサー

容量によってセロトニンノルアドレナリン、どちらにより効くか変化が出るらしい。けどそんなことは気にせず使っている。どうせ少量から増やすしかないのだし。実際あまり違いも分からない。適応上用量が多めまで使えるので、SNRIではこいつが私的ファーストチョイス。割と手広く使用。

 

NaSSA

ミルタザピン(レメロン/リフレックス

副作用として眠気と食欲亢進が出やすい。うつの人にはむしろちょうど良いので、不眠+食欲減が前景に出ている時にはファーストチョイスにすることもある。
難治性の時にデュロキセチンとあわせてカリフォルニアロケットをしてみたりもする。ロケットしてみたところで、結局そんなに効かないけれど。

 

セロトニンモジュレーター

ボルチオキセチン(トリンテリックス)

発売されて一年、よくやく2週間縛りが解けて本格始動。何度か使ってはみるが、そんなに特徴はなさそう?もちろん普通に効きはするが、違いがいまいち分からない。
エスシタロプラムと違って1錠では治療域に入らないので注意。

 

三環系・四環系など古い薬

古い薬なのでいずれも副作用が目立つ。ファーストで使うことはまずないし、SSRISNRI、NaSSAと試してまだ抗うつをトライしたい気分の時にようやくたどり着くぐらい。だいたいここまでたどり着く前に気分安定薬に変わったり、mECTしたりするのでほとんど自分から処方することはない。

今でもまだ使う可能性があるのは

クロミプラン(アナフラニール

点滴があるので口から薬が入れられないぐらい重度の時に出番がある。

アモキサピンアモキサン

妄想を伴ううつ病に唯一適応のある抗うつ薬。妄想があるときは抗精神病薬と新規抗うつ薬を組み合わせることが多いが、こいつも一応選択肢には入る。抗精神病薬入れるのでほとんど出番はないけれど。

アンセリンテトラミド

リエゾンで時々出番がある。副作用の眠気を期待して、少量眠剤として使用する。

トラゾドンレスリン/デジレル

アンセリンと同じく、眠剤として少量使用。特にこちらは少量だとほとんど抗うつ効果が期待できないので、むしろ純粋な睡眠薬として使用しやすい。